dEat基準

dEat基準

dEat基準

目標

社会問題解決

買うこと・使うことが社会問題(環境問題・食品廃棄・貧困)などの解決への一歩になる・役に立っているという幸せな気持ちになれるような商品を取り扱っていきます。なによりも鮮度を追求し、鮮度を保持した流通が可能なアイテムを取り扱っていきます。

鮮度保持

鮮度を保持したままの流通で時間と空間を超えていくことで、世界中の素晴らしい食にまつわるものが手軽に手に入るようにしていきます。

人それぞれの価値観、幸せのために。

3.個々人の幸せな人生の為に、健康を保ち続けるために必要な食品を用意しそれぞれの好み・身体・価値観に合うものを提供し続けるようにしていきます。

取引農家基準

・自社の栽培履歴などの情報を正確に明示して、それを公表していく気がある。

・日本の各法令を遵守し、農薬他薬剤などを適正に使用しその栽培記録を保持していること。

・常に自社の栽培アイテムの品質に自信を持ち、問題があると考えた場合にはその内容を明確に伝えていく。

・SDGsなど社会問題の解決に向けた活動に意識をもって行動すること。

・電子データあるいは書面でのやり取りをしっかりしていただけること。

・ECサイトの掲載に当たって、栽培責任者あるいは管理者の顔写真が掲載可能であること。

品質基準

・各県の慣行栽培基準を満たしていること。

・可能な限り農薬の使用を軽減していること(慣行栽培基準の2/3程度が目安)。

・ネオニコチロイド系の農薬の使用を控えていること。

・可能な限り化学肥料の使用を控えていること(慣行栽培基準の2/3程度が目安)。

・栽培圃場内での除草剤の不使用

・長期保存可能な農作物を除いて、収穫当日もしくは翌日早い段階で出荷を行なっていること。

・速やかに管理された保存環境に適切に保管し、鮮度あるいは食味を保った状況で出荷実施すること。